アガパンサス #01

b0241760_17425563.jpg
b0241760_174373.jpg


10年前に東京に再び在住するようになってから、初夏の散歩道に咲いているのに出会うようになりました。「紫君子蘭」といいますし、これまで散歩道では薄紫色の花のものしか見なかったのですが、このように白い花のものもあるのですね…。
アガパンサスにレンズを向ける度に思うのですが、この花は撮るのが難しいと思います…。
[PR]
# by tark01405 | 2012-07-19 17:45 |

子ツバメ

b0241760_18101581.jpg
b0241760_18103179.jpg


6月9日、雨の中、新宿から歩いて5分の庭園の中で、巣から出たばかりの時期の子ツバメが羽を休めているところに出会いました。
[PR]
# by tark01405 | 2012-07-10 18:11 | 生物

花大根

b0241760_18201917.jpg
b0241760_18203183.jpg


4月中旬、散歩道で見た、花大根。
紫色の花の色がなかなか再現できないのですが、今回はなかなか良く出ているような…。
[PR]
# by tark01405 | 2012-07-04 18:20 |

時計草

b0241760_23532628.jpg
b0241760_2353424.jpg


時計草。別名は"Passion flower"。
ニホンではめしべを時計の針に、背後の花びらを文字盤に見立てるのだと思います。
海外では中央のめしべを十字架のイエス、背後の花びらをこの十字架からの栄光と見るとのこと。
[PR]
# by tark01405 | 2012-06-21 07:52 |

スイセン #05

b0241760_22232198.jpg
b0241760_22233347.jpg
b0241760_22235236.jpg
b0241760_2224497.jpg

[PR]
# by tark01405 | 2012-06-16 07:22 |

スイセン #04

b0241760_2220559.jpg
b0241760_2221828.jpg
b0241760_22211972.jpg
b0241760_22213029.jpg

[PR]
# by tark01405 | 2012-06-15 22:19 |

スイセン #03

b0241760_221146.jpg


中心部分も小さなスイセンは「ペーパーホワイト」。どうも、中央が黄色い「ニホンズイセン」の方が年前から咲いていて、「ペーパーホワイト」の方が咲き始めが遅いような気がします。

b0241760_225155.jpg


1月末から2月中旬にかけて数度の降雪があり、軽い積雪もありましたが、この複数回の積雪でスイセンは随分倒れてしまいました。特に「ニホンズイセン」の方は壊滅に近いような感覚です。

b0241760_22161687.jpg
b0241760_22163279.jpg

[PR]
# by tark01405 | 2012-06-14 07:00 |

スイセン #02

b0241760_21313388.jpg
b0241760_213266.jpg
b0241760_21325014.jpg


2月はじめの数回の雪で倒れてからほぼ一月後、再び咲き出したスイセンを見いだしました。
この中央が黄色いスイセンは「ニホンズイセン」です。ただし、実は日本原産ではなく、太古に日本に中国経由で入ってきたのだそうです。
[PR]
# by tark01405 | 2012-06-13 06:29 |

スイセン #01

b0241760_2120459.jpg


1月20日、都心の公園に咲くスイセンです。12月頃から咲き出し、3月過ぎまで楽しませてくれます。
しかし、残念ながら、この直後、数度の降雪によって、一面スイセンの花畑であった場所のスイセンの大半が倒れてしまいました…。
[PR]
# by tark01405 | 2012-06-12 07:16 |

甲羅干 #02

b0241760_21222264.jpg


公園内の別な池にて…。
カルガモが見えますが、この木には、冬の間はマガモやカルガモが羽を休めていました。
そのような場所に、春を感じられるようになると、亀が甲羅干に陣取ります。

b0241760_21223213.jpg


ここの公園内の池には、イシガメ、クサガメ、スッポンなどの古来からのカメがみられますが、外来種のミシシッピアカミミガメの個体数が圧倒しているように感じます。
[PR]
# by tark01405 | 2012-06-08 07:21 | 生物